2008/07/02

ワールドビートフェスティバル【2】

1からの続きっ!!


フォークダンスには興味がない友人に、
「ちょっと私踊ってくるから私の荷物預かってくれるかしら!
ってか、よろしくねっ!」o(^0^o)


と、

立ち上がったその瞬間、横にいるはずの友人がいないじゃないですかっ!

「へ??ど、どこに行ったのなかニャ??」


荷物を置いて参加はできない…でも待てど暮らせど帰らず…
やっと戻ってきたと思ったら、
アメリカンサイズのソフトクリームを両手に持って、
笑顔でこちらに歩いてきます。V( ̄▽ ̄)V


そう、あまりに夢中でステップを踏んでいる私を横目に、この暑さの中
長い行列の中並んで大きな大きなガッツリソフトクリームを買ってきてくれたんです。。

ありがとうーーー!


ってぇえ!?


あはあは。。。たら〜り。。。( ̄□ ̄;)V


炎天下ですから、持ってるそばからドロドロと溶け出すソフトクリーム。
それを友人に預けてステージに上がることもできませんよ。友人と早食いソフト。
ドロドロの早さに追いつかず、子供のようにソフトをヒザ上にたらし、
「あーース、ステージにあがるのに…」と苦笑いをしている私をみかねてか、
隣の女性がティッシュをくれましたよ。

ご、ごちそうさまでしたはぁあ〜…
ふーーーっ。




ソフトクリームを完食。("▽"*)


とぉおーーー;



あ…

食べ終わったと同時にフォークダンスも完了しましたよ。


あはあはあははーー。。。(゚▽゚;)


涼もとれたしステップはヒザ下のいい運動になったし、いいわいいわ〜。
気を取り直してまた広い会場を見てまわります。


ブースで大盛況だったのが、ボディーアート。
さっさーっと描いてしまうアーティスト。右の女性はドラゴンを描いていただいてました。



アジア各国の舞踊。
















中でも大盛り上がりだったのが、アフリカンアメリカンの方々の演技。
どちらかの教会の方々だったようで、ビートのきいたゴスペルにあわせて
子供たちが弾けるように踊っていました。\(◎∇◎)/


そのそばで一緒に踊りながらさらに盛り上げる大人たち。筋肉のバネが違うのか、
大人も子供も動きにキレあり!見ている人たちも自然に踊り始めてしまう方たちも。


最後までこのダンスを堪能した後、

見〜つけた!さっき踊っていたインディアンの方たち。
イーグルをイメージした民族衣装がステキです。




ここで、彼らの生き方の原点を。↓

彼らは、 ミタクェ・オヤシン(All My Relations)–すべての存在とつながっている」という言葉を元に生きている民族です。すべての存在の創造主である偉大なる精霊、グレート・スピリットに敬意を表し、感謝とともに、
その創造物である人々、動物、鉱物、水、火、風、空そして大地に感謝し生きています。
彼らは
今も精神的伝統を維持、継承する部族で、宗教をもちません。


usaは、彼らの生き方に共感する部分もありますし、以前から興味を持っていましたので、
アメリカに来て一度お会いしたい方達ではあったけど、現状はさまざまな変化が
あり、昔ながらの姿を残すインディアンたちに会うということの難しさも
知っていました。このイベントに来て自然なカタチでこの民族の方たちとお会いする事が
できて嬉しかったです。


ずーーーーーっと立ち話しているので、チャンス!一緒に写真を撮っていただきました。
ヤッタっ!!


あははーー♪

浮かれ拍子でしばらくニコニコその方たちを遠目で見ていたら、彼ら国旗を渡されました。
ん?プログラムを見てみると、この後参加国によるパレードだったんです。
単なる立ち話でなく、どの国よりも早くパレード待ちに入ってたのね。。



そ、そうでございましたっ!!

歴史をさかのぼれば、アメリカ大陸の先住民(もともとそこにいたアメリカ人)だった
インディアン(ネイティブアメリカン)ですが、白人に理不尽はな土地収奪を受け、
彼らの歴史や文化、独自性を台無しにされたという過去がありますね。
もともとはアメリカ先住民族でしたよね。。



そうか、アメリカだからって、一般的なイメージにあるブロンドヘアで鼻が高く
色白のアメリカ人が国旗を持つんじゃないんですよね。。そうだよね。。


待つ事30分、やっとパレードが始まりました。
国ごとに、その国の名前が描いてあるボードを持って会場を練り歩きます。

風にたなびく数々の国旗。それはそれはすばらしい眺めでしたよ。
世界は一つ〜♪なんて平和な感じもしてよかったな。

で、一番先頭のアメリカのボード、ここだけが手書きで「Native America」になって
ました。


んっ。。。。。?

なぜにコチラだけ手書き??作るの忘れたの?っなわけないし、、、
最初は違う言葉が書いてあったのか?Indian?っなわけないって、それは民族。
America」が自然なんだけどな…σ゚_っ゚o)・・・ンート


友人と、「ひょっとして、もともとアメリカにいたのは私達だという強い信念と
こだわりから書き換えたのかな…」と、話していました。@(-ェ-)@。oO(想像ですが…)
愉しー!面白〜!すご〜い!の中で感慨深い瞬間でもありましたよ。


この後、usaたちは退場しましたが、この日は花火も打ち上がったそうです。


世界の人々が集まって、饗宴する姿はほんとうにすばらしかったです。
とてもいいイベントだと思いました。
中身の濃い、みどころ満載のこのイベント。入場料はたったの$3です。
機会があったらぜひこの時期に訪れてみてください!!

超おすすめですよー
o(*^∇ ^*)o 



世界の響宴。
ワールドビート
ポチ
どうぞよろしくお願いします
^▽^/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

このイベント見応えありますよ。
いつも応援ありがとう^^


2 件のコメント:

aco さんのコメント...

usaさん、フォークダンス(笑)
踊ってらっしゃる姿、すっごい想像できます♪ ネイティブアメリカンの装飾って、色も形もかっこいいですよね。彼らの精神も、自然に根付いていて、共感できます。環境は違えども、日本人も特に自然崇拝などに対しては、基本的によく似た感覚を持ち合わせていると思います。アメリカの国旗、まさに彼らに持ってもらうべきです!いいですね、音楽を通して世界中がひとつになるって、一番簡単でみんなが楽しい方法だと思います。私も、来年は行きます!

usa@オレゴン滞在者 さんのコメント...

acoさん
こんにちは!

usaフォークダンス。。。想像できるとっ??
あのまた〜りな感じいいですよね。実はあのStepping stageの前には大勢の観客の方がいらっしゃってて、結構人気なんだな〜と思いましたよフォーク。
「ステッピングステージ」ってちょっぴりオモシロ可愛くてププって笑っちゃいますよね、そこであえて踊る…いいでしょー?

ネイティブアメリカンの方々、とってもかっこう良かったのですよ!それでいてナチュラル。。格好つけてないからカッコいい。

日本人の精神によく似通ったところがあり、
なーんだかフシギと懐かしい感覚まで覚えました。アメリカの国旗を彼らが持ってるのを見た瞬間、何かこう泣けるっていうのか、今でこそこのイベントでこうしてみんなでいられることの喜びを感じましたよ。
イベント会場すべてビートに包まれます。とてもいいイベントだと思いました。ぜひ来年行ってみてね。後悔はさせませんっ!(主催者か)

いつもありがとう☆