2008/09/08

木の船のお祭り in ワシントン

船好きのタロさんのリクエストで、
Wooden Boat Festivalクリック!へ行ってきましたよ!


ワシントン州はポートタウンセンド(Port Townsend)という。
シアトルの北、ワシントンの州境、湾をフェリーで渡ったらカナダという
小さな街。「オーイっ!」と言ったら「あいよ〜」とカナダから
聞こえてきそうなところです。そんなに近くないでしょ…
クラシカルな建物が多く、大人の街を感じさせる佇まいでした。

タロさん、以前こちらで船作りの為滞在していた事があります。
「操縦」よりも、「作る」ことが好きなのかなあ…
かくいうusaは、まったく船は詳しくありません;が、なかなか
楽しめましたよ。


このお祭り、32年も続いているそうで、会場には木で作られた船船船っ!!
大きな船から小さな船、造船されてから100年経つものから最新式の船、
船を作る、買う、売る、見る、船を作るスクールに通う、情報交換する、夢を持つ、
な〜んでもアリです。レースもあります。

木と、海水といえば、私は筏(いかだ)のイメージでしたからね…
「これを海水に浸けてしまうのですかっ;?」というくらい、美しい船もたーくさん。



小さなお祭りなんだろうな〜と思いながら行ったけれど、ほーんとに
たくさんの方々が会場に、そして海上に。
船でこのお祭りかけつけてしまう方もいらっしゃるんですもんね。あはは。
北米の木の船好きさん(だけじゃない)大集合。会場は、サービスドッグ以外の
犬は入場禁止で徹底しております。


usaから見たら、かなり贅沢なご趣味を持った方たち大集合という感じです。
プラスティックやFRP等で作られたものより、技術的にも、経済的にも
維持するのは簡単ではないと思うしね。。。
そんな大変なものに、あえてロマンを求めてしまうんだもの。
いかに、木の船が大好きさんで、こだわりを持ち続ける方々が多いか。
ちなみに、タロさんは現在「夢」の時点で、実現はしておりません^^。


こんな可愛いおしゃれさんの車も、オレゴンから来ていましたよ。



この会場の入場料は、ドーネーションとして大人$12。金額も、他のイベントに
比べて少し高額ですが、海や森林を守る為の基金として利用されます。

やっぱりお見事!目立っていました、木製の船を作るたくさんの職人さんたち。


これのカヤックも木で作られています。先端です。青い空に映えていました。空が海に見えてきます。

こちらはピグミーボートといって、カヤックより少し小さいもの。


造船されてから約100年のロータスの船内にあるキッチン。味わいは他の船と比べることができません。
とってもかわいいキッチンです。


大人向けの楽しみだけじゃない、ちゃんとコチラご用意あります。
子供が楽しめるところを必ずと言っていいほど設けてある、
これがアメリカのいいところだな〜といつも思いますね。

「Boat Building Yard」船作りのブースです。
スタッフの方々や、両親のヘルプのそばで、子供たちががんばって作ってますよ。

それから、子供向けの劇も。ちゃんとバイオリンとフルートの生演奏つきです。
ほのぼの〜。私もしばらく見ていました。



船好きさんのタロさんが、食い入るようにいろいろな船を見ている間、
いろいろな場面に目を奪われていた私。たとえば、

スイスイ〜っと、こんな方も、


ひょいひょい〜っと、こんな方も、


静かな海側では、水平線と太陽に向かって禅を組む方も。


全長3m弱のドデカ昆布も。ここの海では、あらゆる種類の海藻がとれます。
「世界一の海藻サラダ」で、ギネスねらえそうなくらい海藻たちどっさり。
流れてきたばかりの新鮮な海藻は、カモメ達もついばんでいました。

その横で、私もワカメを食べてみました(え?)潮の香りが深く、とっても美味しかったです。
少し家に持ち帰って、
「海苔好き」の黒ネコのびにも、きれいに洗って乾かしたものを与えてみたら、
美味しそうに食べていました。え〜?ワカメも食べるの?あはは…


この穏やかで美しい湾は、穫れるものもオレゴンの激しい寒流と違うんですねぇ。

私が微笑んでしまったもの。いくつかの船の上に、お花が飾ってありました。
いいですよね…海の上にも花を…って^^♪


イベント会場では音楽あり、ドデカ昆布あり、会場近くでは、ジャズやブルースが
聴ける素敵なバーもあって、夜も楽しめました。

船ももちろんいいけれど、来ている方達もお若い方からご年配な方幅広く、
皆さん、すっきりと素敵な装いをされていて、オシャレの参考にもなりましたよ。


車で片道約5時間30分。気持ちの良いドライブ、運転のしがいあり!
近くないけど行ってみて良かったです。
私達は2日間のみイベントに訪れましたが、3日間のイベントだけでなく、
前夜祭もある充実したお祭りですよ。
ゆったりとした大人の時間、ご興味のある方、来年ぜひ!!





良い時間、大人のお祭り、
Wooden Boat Fesivalポチを
よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

船好きさんは、かな〜り必見の価値ありだと思います。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Kaoです。
お久しぶりです。

すごいですね、船イベント!
3日間?
わー、すごい、すごい!
いろいろな事に触れられたようで
少し遠かったけれど
いい経験されたようで何よりです。

今後もたくさんの場所へ行って
たくさん写真とって
私たちに教えてくださいね。
楽しみにしています。

Anne さんのコメント...

楽しそうなお祭りですね!!

主人の親戚(アイダホに住む叔父)が船を趣味で作っていて
いくつか見せてもらった事あるけど
船作りもすごく面白そうでした〜
しかし、、海で船で遊んだ記憶は遠い遠い昔〜〜(笑)

usa@オレゴン さんのコメント...

お久しぶりです。

Kaoさん、
こんにちは!

木の船ですよ。素朴だけど、すごかったです。
はい、もっと小さなお祭りだと思っていたら
とんでもなかったです。
もちろん東京ドーム○個分とかではありませんが…。
オシャレで、ゆったり気分を味わえました。
これは、木の船にロマンを持つというところに
この〜なんというか〜え〜っと…
と、とにかく大人の優雅な遊び方ってんですかい?
こんな風にゆったりと遊びをしながら大人を
満喫できたらいいな〜と思いましたもん。

いつもありがとう☆

usa@オレゴン さんのコメント...

anneさん
こんにちは!

そーとー楽しかったですよ!

御主人の親戚の方は船を趣味にされていると?
な、なんと!いくつかって、そんなにたくさん
船を所有されていらっしゃると??
いいですね〜。もう大人の素敵なおもちゃです
からね。
一つ買ったらまた一つってなるのかも♪
その感覚、味わってみたいものです^^
楽しいだろうな〜。「今日はこのお気に入り、
明日は、このお気に入りを」って。
私の船の思い出は、船上パーティでガヤガヤって
記憶が一番近いです(お酒つき)
しっとりと、船を思う方達を目の前に、頭が
下がった私です。

いつもありがとう☆