2009/03/19

海を渡った3匹の猫たち【2】

【1】からのつづきっ!

ーーーーーーーーーー


USDAのドアをたたき、書類を見せたところ、軽く目を通し、
「○○の書類がないわ。もう一度家に取りに行ってください」と。

「抜かりはないわ、だって、重箱つつき作業自分宛にしたよっ。完璧でしょ!」
と思って行ったのに、たのむよー、んなわけない、おかしいなあ、と
もう一度家に戻り、書類一式を持参してUSDAへ戻ると、
「ごめんなさい、やっぱりあったわー」とーー;

ルアァッ!ちゃんと重箱つつき作業して探してってのっ!まったくもう。
なんというか、、、アメリカ。。。あーーーめりか〜ん^^;♪


待つ事2時間、やっとエンドースをもらい、清々しい気持ち。
書類だしてもらうだけで、数百ドルかかりました。聞いてませんでしたー!
日本ではありえないわ、この金額。びっくりしたよ。
うちは3匹だから、通常の3倍??
もし、ペットとの出国をお考えの方は、ここも予算に入れておいてくださいね。


で、聞いてないよ〜、他にもありました。

日本から出国する時は、なかったこと。

ケージに入れた猫を空港で貨物で預ける時、猫をケージから出さなくてはならないの!
そう、ケージの中を隅々検査するためにね。それから、手荷物で一匹連れて入る時も
ケージから出して、身体検査装置(なんていうのかな)一緒に通過しなくちゃなんない。
まるで家だ。。。だっこだっこ〜♪ってぇ


あの、人がたーーーーーーくさんいる空港の中で、猫まる見え。素猫だー。
想像したらひえ〜でした。ビビリにゃんの場合は、びっくりしてパニクって、爪たてて
飼い主の腕から抜けて、空港を走り回るなんてことあるんじゃなくて?ふーーーっ。
想像しただけで、冷や汗だわ。
見送りに来てくれていた友人たちも、一人一人気合いを入れて手助けしてくれよう
としていたね。ありがとう^^でも、よかった、大丈夫だったね。


大丈夫だった理由のひとつはこちら、



ホームドクターからのすすめでこちらを服用させて渡航しました。

Children's Benadryl DYE-FREE ALLERGY



これは子供用のアレルギー薬で、ふつうの薬局で売ってます。
いつもより意識がぼんやりするそうです。

たしかに、渡米の際は、これを服用せずに渡航したのですが、たまたま、猫たちを
連れて乗り込んだ成田空港のエレベーター内で、ノースウエスト空港(以下NW)の
パイロットの方に話しかけられました。

「猫を連れていくの?少し安定させるための何かを飲ませてないの?ああ、、それは大変だ。
それと、貨物室の中がすごく寒いこと知っているかい?」と。

なんですって??

「それはほんとですか??。。。。」ひょっとして、あれはシークレットだったてわけ?

渡米する前に、NWへ電話で問い合わせしたところ、貨物室も機内とそれほど
温度差はない、同じです、という回答をもらっていたのですが、
パイロットの方が言うのだから、これは本当なのさ。きっと。。

どうしよー。時間ないし、、、。

手荷物扱いの一匹はいいものの、貨物室の猫たちが心配に。
考えましたよ、「9時間強、寒い中での渡航は、老猫にはしんどいのでは。。」


あっ!


猫たちのお腹の下にはムートンを切ったものを敷いていたけれど、たまたま手に持っていた、3匹分のウールのブランケットがあったので、あわててケージに「つっこんだ」よ。


まだ11月とはいえ、高度数千メートルとなれば寒いよね。そっか、、、うう、、。
「機内と同じ温度です」という言葉をうのみにした私がアホでしたが、偶然にお会いした
親切なパイロットの方に伺ったその言葉は重要だと思いました。

薬の話に戻りまして。
そのパイロットの方から伺った言葉を覚えていた私、帰国の時に、少しでもまどろんだ
状態でストレスもない渡航をしてもらうため、
前もってドクターにお話したところ、薬のことを教えてもらいました。
渡航が長いので、空港に着いた時点で、車の中で飲ませるようにとのこと、
ドクターからの処方量を注射器で飲ませました。
なので、ケージから素猫になる頃には、少しの抵抗力はあったものの、
だいぶだらりんとぼんやりしていたわけなんです。

飲ませると、味が甘くベタベタするので、猫たちはその液体を飲んだ後、
泡にして吐きたがりましたが、少しは飲んでくれました。

機内もちこみのタコも、渡米の時はよくないて外に出たがりましたが、
今回離陸した時点でこの状態で、渡航中も、ほぼぼんやりしていたので、
貨物室の2匹も同様に、少し楽だったのではないかと想像します。


離陸した頃のたこ。ほとんど寝ています。


渡米時より、私も、うつらうつらとうたた寝できたし肉体的、精神的にも楽でした。

渡米の時のusaヘロヘロな様子は←コチラ!


※年齢や、体重でも、処方量が変わります。
こちらの服用をお考えの方は、医師に用法、用量の指示をうけてください。



成田へ着いて、しばらく待って猫たちが出てきました。
そのまま検疫へ。一匹一匹にとても優しい対応をしていただいて、
嬉しかったです。スムーズに検査を終え、新居へGO。


Door to Doorで、なんだかんだと約20時間後の開放感。
家族が飾っていてくれた、カーネーションにホっ。



猫たちとの渡航&アメリカ生活で、本当にいろいろなことがありましたが、
これをきっかけに、またこれからもずっと大切にしていくぞ!
という気持ちは強くなりましたよ。

渡米時、帰国時とも、多くのみなさまに支えていただき、
こうして無事おだやかな日本での新生活を始めることができました。
検疫のみなさまにも、40日の申請期限をきっていながら、最後まで細やかな
対応をしていただきましたこと、心から感謝しています。
本当にありがとうございました。


海を渡った3匹の猫たち。
みんなそれぞれ歳とってますが、がんばりました。ほんとにありがとう。
帰国した数日は、食事もほとんどとらず、とっても吐いてしまうという子も
いました。とにかーくみんな、毎日よく寝ていました。
今では何事もなかったような顔で、クンクンと、これから来る春のにおいを、
嗅ぎながら、のほほんと過ごしていますよ。


これから、ペットとの渡航をお考えの方、私のように「忘れてた!」ってこともなく、
早め早めの準備さえすれば、心配も少なくてすみますし、スムーズです。
当初、不安ばかりだったことも、冷静に対処していけば問題ないと思いました。
どうか、みなさまもがんばってくださいね♪
そしていつまでも、幸せなペットとの共存ライフをお祈りしています!

PS.犬と猫の渡航要領は、若干の内容の違いがありますので、ご了承くださいませ。

6 件のコメント:

goooooood girl さんのコメント...

your blog is very good......

please visit my blog:
http://ufoyes.blogspot.com

usa@オレゴン さんのコメント...

Hi, goooooood girl,
Thanks for a coment! That's interesting!

あはは、、、
どなたさんですか、コメントどーもです。
いやー帰国した途端、アメリカ飛び越えて、
宇宙とコンタクトとれそうな気分です。
子供の頃、宇宙人に会いたくてしかたなかった
けど、こんなところでお会いできるとは、
夢は叶うもんですねえ^^

savako さんのコメント...

本当に猫ちゃん達3匹の大移動大変だったんですねぇ~。usaさん頑張りましたね。
私も日本帰国時には同じ書類の山にへとへとになりそうです。

我が家は狂犬病ワクチン接種の1回目は済ませていますので、2回目がちょうど帰国180日前くらいの予定。
少し早めに2回目を打って抗体をつけないと!

今の時点で私が留意しておくこととして、
*帰国180日より前から動くこと!
*数百ドルの書類費用を準備しておくこと!
の2点は理解できました。

あとは実際書類を手にしないとイメージが湧かないので、帰国が近付いたら何度もこのブログを読みなおします。

詳しく書いてくれてありがとう!

ponta さんのコメント...

私がアメリカに猫を連れてきたとき、航空会社に、機内の温度とあまり変わらないようなこと言われました。そうだったんですか~~!!!!!許せない!!!!!きっと寒い思いしたんですね!!!既に死んでしまった猫ですが、思いだすと涙がでそうです!!!きっと貨物内で超不安だったんですね。(後悔)

USAさんとこの猫は、毛布があってよかったですね。しかし、3匹ですか・・・・。すごい。無事に日本に帰国できて何よりです。最後の横顔の猫ちゃん、良く撮れてます!

usa@オレゴン さんのコメント...

savakoさん
いろいろ大変でしたが、とても良い経験に
なりました。
なんとかなってほんとに良かったですよー。
うちは3匹だから、なんだかんだと3倍だけど、
savakoさん宅は今一匹だから、
我が家よりはスムーズだと思いますよ。
費用の点も少なくてすむしね。
ご帰国の時にむけて、ぬかりなくがんばってっ♪

usa@オレゴン さんのコメント...

pontaさん

おかげさまで無事帰国できました。
ご心配ありがとうございました。

貨物室の室温については、当初いろいろなウワサが
飛び交っていたので、私も問い合わせしました。
やはり温度は変わらないと言われるんですが、
どうも万全にしていったほうが良さそうです。
もちろん動物は、人間よりも暖かい毛皮を
着ていたりしますから、それほど人間が感じるほど
寒い思いはしていないのかもしれませんが、
やはり、長時間のフライトは念のために
暖かくしてあげるほうがいいかもしれませんね。パイロットの方が心配そうに話してくれて
いたので、恐らく、、、

pontaさんの猫さんも、今頃pontaさんの
優しい気持ちが伝わっていると思いますよっ。