2008/08/08

アメリカで着物を着る喜び☆

日本でも、ほとんど着ていなかった着物を、
まさかアメリカで着物を着る機会があるとは、夢にも思いませんでした。



セーラムのダウンタウンでは、毎月第一水曜日は、
ファーストウエンズデーがあります。

◆ファーストウエンズデー

この日は、ダウンタウンの活性化のために、多くのお店が、店内や店外の歩道で、いろいろなイベントや
催しを企画し、軽いおかしや、ジュース、ワインなどを来店される方たちにふるまいます。
すべて、お店の方々の有志で開催されています。


usaも時々、ダウンタウンに訪れて、このファーストウエンズデーを楽しんでいました。
昨日は8月のファーストウエンズデー、この8月6日はひと味違ったこの日を
楽しみました。


しかも、な、なんと着物を着て。。。


6月に行われた

World Beat Festival【1】←クリック!

World Beat Featival
2】←クリック!


を運営しているグループの皆さんによる、
Marriage Customが、8月6日(水)〜9日(土)の4日間、
ダウンタウンのReed Opera House←クリック!で開催される為、
その初日のレセプションに出席してきました。
このビルディングは、私がセーラムに来た当時一番最初に訪れて、
「ここ好き!」と叫んだほど、好きになったクラシカルな建物です。


この催し、6月のワールドビートフェスティバルに参加した国の伝統的な
ウエディング衣装を展示、紹介し、歴史や良さを互いに理解し合い、
親睦を深めていこうという主旨のもの。
今回は3カ国、スコットランド、フィリピン、日本の3カ国です。


このレセプションへの参加は着物です。
でもusa、短期の滞在の中で、まさか着物は着ないだろうと、持っている着物は
すべて日本に置いて、アメリカに来ましたが、
どうしてか長襦袢(え?)、そしてかんざしだけは持って来ていました。
それが、今回とても役立ったのです〜♪

そして、このレセプションにお誘いくださったMさんも、袖を通していない
素敵な着物をお借りし、Tさんのすばらしい着付けによって、
usaは「別人」に生まれ変わりました。孫にも衣装ってこのことです。



あれよあれよという間に、日本女性に変身していく私達。

私の着物は、色留袖、帯は、振り袖にも用いられる「ふくら雀」という華やかな結び方。
着終わった時、ゾゾゾーッと感激の鳥肌っ!

こちらは、着付け後にいただいた麦茶と、Tさん手作りの豆乳プリン。
思いっきり気分は日本女性。




着物を着てみなさまと会場へ。

今も幸せな結婚生活を送っていらっしゃる方々の、結婚式でたくさんの祝福をうけ、
時間を過ごした衣装達が勢揃い!それはそれは会場の空気違いました。
しまっておいたであろう衣装たちが、再び輝きを放っていました。
キラキラとしたオーラっていうんでしょうかね、フシギな感じがしました。
でも、間違いなく素敵な空気感♪


外国人のお客様は、日本の着物を見て、「すばらしい!」と好評。
やっぱり日本人の私達にとってはやっぱり嬉しかったです。


こちらの打ち掛けは、一緒に参加したTさんのもの。
以前一度、usa袖を通させていただいたことがありましたが、とても重かったです。
ひと針ひと針豪華な刺繍が全体にほどこされ、本当に美しい着物でした。



左側の白無垢は、日本のみなさんおなじみのもの。
着付けをしてくださったTさんのものです。右がフィリピンの結婚式のもの。
こちらは女優さんも着られるほどのクオリティの高いドレスです。
風通しの良いメッシュ生地と、豪華な刺繍が印象的。



こちらは、スコットランドの結婚式の衣装です。
仲良く揃いの生地で作られます。落ち着きと、格式ある雰囲気です。


それぞれの、結婚式のしきたりなどを伺う機会。
スコットランドは、新郎新婦の手首を、衣装と同じチェック柄の布で結んで、
生涯一緒にいることを誓う儀式、
フィリピンでは、基本的にドレスレンタルなどはなく、それぞれがきちんと作るそうで、
ドレスが作れる友人などにお願いする人も多いとか。結婚式は、身内だけのものでなく、
村じゅうの方々も参加するので、とても大きな結婚式になるそうです。


着物着てても、やっぱり食い気は止められない〜。あははー!^^♪
会場にあった、各国の食べものを、いつものようにおいしくいただきましたぁあ。
ごちそうさまでした。



華やかな着物を着て、美味しいものを食べて上機嫌のusaでしたが、
会場にいれば外国の方に、やっぱり質問されることもありました。
「英会話もままならない私」ですから、細かなことをしっかりご説明ができなかった
のがとっても残念でした。英語の必要性をひしと感じましたよ〜。あうぅ。。。
各国の結婚式の様子や、そのしきたりも勉強になりましたが、着物着てますから
楚々とした雰囲気を保ちながら、

「は、はいっ?何ですか?ええ、それはね、えーっとぉお…」なんて、顔は笑顔、
心は苦笑いの緊急サバイバル英会話も、よい勉強の機会をいただけたひとときでした。
日本では、着ることも少なかった着物を、お誘いいただいたことで、
思いも寄らずアメリカで着られた喜びは、今まで味わったこともないほどの感動でした。
それこそ、「日本人の代表だもの!」と、いつものほえほえモードから、いっきに
気持ちが引き締まる、とてもよい経験でした。


既婚者の方は、その当時を思い出し、未婚の方は、結婚に夢を見ること間違いナシの
見ていてとってもトキメク催し。
一般の人もFreeで見ることができますので、時間がある方はぜひ会場へ!

World Beat Gallery ←クリック!


みなさま、夢のようなひとときを、本当にありがとうございました。



伝統的な結婚式は、

やっぱり素敵ですよね。
いつも応援ありがとう!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


どんな結婚式が好きですか?
いつも応援ありがとう!

4 件のコメント:

くれまちす さんのコメント...

こんにちは!
読み進めながら、思わず別人になったusa@オレゴンさんを探してしまいましたよ~。
次回は是非、着物姿載せてくださいねー!
民族衣装の中で、日本の着物が一番美しいといつも思っているのですが、私はまだここで着る機会がないんですよ。(そういえば、着物も日本に置いてきたんだった。)

ちい さんのコメント...

usaさんこんにちは☆
着物ステキですねー。
わたしも日本で特別な時した着ないのですが、
普段にさらっと着こなせるようになりたいものです。
先週、友達がスコットランド出身の方の結婚式に参加して、
衣装も音楽もダンスも、すごく良かったって言ってました♪

usa@オレゴン滞在者 さんのコメント...

くれまちすさん
こんにちは!

あはは、別人になったusaは、
もとを見ていただかないとその別人ぶりは
わからないかも〜^^;
なんとなく七五三風だというのも否めないかも??
着物がとてもきれいだったので、女心はトキメキ、
わくわくふんわりとした気分にさせていただき
ましたよ。
民族衣装の中では、女性の体を包み込み、
露出もない日本の着物は、おくゆかしさの
美しさはすごくありますよね。
私もそんな着物は大好きですよ。
やっぱりくれまちすさんも着物を置いてこられ
ましたか?
そうですよね、私以外の方々もおっしゃって
ました。
「浴衣はまだしも、着物はほんとに着る機会がないから、今日は嬉しいわ〜」って。
けど、「洋服に慣れてしまうと、気崩れが気になる着物はね。。」と、みなさんでお話して
ましたよ。みなさん気持ちは同じですよね。あはは。

いつもありがとう☆

usa@オレゴン滞在者 さんのコメント...

ちいさん
こんにちは!

ありがとうございます〜♪
お借りした着物は、本当に素敵でしたよ。
私の好きな色合いで、一日ごきげんでした。
やっぱりちいさんも、着物は日本で特別な時にしか着ないですか?
私も同じ、というかほとんどの方がそうですよね。
着物の着付けを習った経験のある私ですが、
回数重ねないと忘れてしまうものです。
なので、すべてTさんにお任せしましたよ。
まったくしょーがないなあーと、
しみじみ思いました。

スコットランド出身の方の結婚式ですか。
衣装もダンスもすごく良かったんですね?
はい、わかるような気がします。
落ち着きのある中で、可愛らしさも残る
素敵な結婚式の衣装でした。
でも、男性の衣装には、必ず毛皮がほどこされ
ていました。
記事には載せませんでしたが、動物の顔を
そのまま毛皮ごとつけていて、ちょっぴり
びっくりしました;;
音楽やダンスもとってもいいんでしょうね!
実際に見てみたいです。
そんな機会があったらいいなあ。


いつもありがとう☆